ニュースサポート

最先端の2.0ステップ先へ…新しい「Kernel」オシレーター・タイプが追加された Waldorf Quantum OS2.0 リリース!

最先端の先を行くデジタル & アナログ・ハイブリッド・シンセサイザー Waldorf Quantum 待望の OS2.0 がリリースされました。

OS2.0 では5つのマクロパラメーターが設定されたテンプレートを選択して、手軽にエディット可能な FM オシレーター「Kernel」オシレーター・タイプが追加されています。エディットは手軽な「テンプレート・モード」だけでなく FM エキスパート・ユーザーのために、より多くの FM パラメーターへアクセスできる「フルエディット・モード」も搭載し、自分でテンプレートを作成することも可能です。

他にもウェーブテーブルに新しい UI ディスプレイ・モードが追加され、様々な角度からウェーブテーブルを視認できるようになるなど、数多くの機能の追加や改善が盛り込まれています。

主な新機能

  • 新しい Kernel オシレーター・タイプが追加
  • ウェーブテーブルに新しい UI ディスプレイ・モード 3D、Wave、Spectrum が追加
  • シーケンサーに新しいパラメータのみのシーケンサー・モード「Param Seq」が追加
  • エンコーダーを回した際に値が変化する範囲を3段階で切り替え可能に(Normal モード、Fine モード、Super モード)
  • USB ストレージ・デバイスのサポート
  • オーディオファイル・エディターの機能拡張
  • 画面焼けを防止するスクリーンセーバーが追加

Quantum OS2.0 はすべての Quantum ユーザーに無償で提供されます。詳細なインストール方法や更新履歴は Quantum のサポートページをご覧ください。アップデートにはインターネット回線に接続したコンピューター、SDカード(コンピューターにSDカードスロットが搭載されていない場合は SD カードリーダー)が必要です。