FUKUSAN NEWS

年末年始休業のおしらせ

平素は当社の製品をご愛顧いただきまことにありがとうございます。年末年始休業日についておしらせいたします。

休業期間 : 2018年12月30日(日)〜2019年1月4日(金)

1月5日(土)より平常通り営業いたします。休業期間中は全てのサポート業務、出荷業務を停止いたします。休業期間中にいただいたご発注分につきましては1月5日(土)より順次出荷させていただきます。皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

2018.12.27 Update

Sequential / Dave Smith Instruments 専用ケースプレゼントキャンペーン

sequential_hc_campaign

いま Sequential / Dave Smith Instruments のキャンペーン対象シンセサイザーをお買い求めいただくと、ハードケースまたはソフトケースをプレゼント!ライヴやスタジオなど外でプレイする事が多いキーボーディスト必携のケースを無償で手に入れるチャンスです。この機会にぜひご検討下さい。

キャンペーン対象製品

Prophte X専用ハードケース(定価¥46,800)
Prophet-6専用ハードケース(定価¥42,800)
Prophet-6 Module専用ソフトケース(定価¥17,800)
Prophet 12専用ハードケース(定価¥46,800)
Pro 2MONO 製専用セミハードケース(定価¥52,800)
OB-6専用ハードケース(定価¥42,800)
OB-6 Module専用ソフトケース(定価¥17,800)

※プレゼントの数量には限りがあります。

※プレゼントは在庫状況により後日のお渡しとなる場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

2018.12.7 Update

SYNTH FEST マンスリーワークショップ ”極2018”
vol.03 Oberheimを極める!

mrujiie_ob

11月17日(土)東京都台東区ジャイロビル地下スペースにて、JSPA主催によるシンセサイザーを”極める”イベント『SYNTH FEST マンスリーワークショップ ”極2018”』第3回が開催!講師はシンセファンにおなじみのシンセマイスター氏家克典氏。福産起業も協賛しており、参加者の方にはDave Smith Instruments OB-6 または SEQUENTIAL Prophet X のポスターをプレゼント!ぜひご参加下さい!

※イベントは事前予約制です。イベントの詳細、ご予約については JSPA のイベントページをご覧ください。


様々なシンセサイザーや音楽ギアにフォーカスを当て、それぞれを徹底的に理解し、極めるためのJSPAイベント『SYNTH FEST マンスリーワークショップ ”極2018”』の第3回目を開催いたします。

・2018年11月17日(土)・・vol.03 Oberheimを極める!

​ ​

今回フィーチャーするのは、アナログシンセにおけるポリフォニックシンセの代表的機種である「Oberheim(オーバーハイム)」。アナログポリシンセとしての完成された回路、オシレーターやフィルターの特性、独特の音作り、Oberheimが使用されている代表曲の音作りなど、実践的な内容でOberheimを徹底的に極めます。

登場するシンセは、実機のOB-8、Matrix-12、Expander、OB-6はもちろん、ソフトウエアでの多くのOberheimエミュレーションも集結します 。 極上の「Oberheim」サウンドをぜひ体験してみてください!


  • 【場所】ジャイロビル地下スペース
  • 【日時】2018年11月17日(土) 
  • 開場・・13:30オープン
  • ワークショップ ・・14:00~16:30(途中休憩あり)
  • 17:00より懇親会(随時予定、希望者のみ、会費別途)
  • 【住所】〒110-0016 
  • 東京都台東区台東2-30-11 ジャイロビル地下スペース
  • 【地図】https://www.sitekatsunoriujiie.com/lesson
  • メトロ日比谷線「仲御徒町」徒歩3分
  • 都営大江戸線、つくばエクスプレス「新御徒町」徒歩5分
  • 【主催】一般社団法人 日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ
  • 【協力】ミュージックトラック http://blog.musictrack.jp/ja/
  • 【講師】氏家克典
  • 【参加費】当日受付にてお支払いください。
  • 一般:¥4,000、JSPA会員:¥2,000、学生:¥2,000

※イベントは事前予約制です。イベントの詳細、ご予約については JSPA のイベントページをご覧ください。

JSPA | ワークショップ”極2018” vol.03

2018.11.15 Update

Doepfer A-100 シリーズ新モジュール10機種が新発売

低コストで4音ポリフォニック・パッチを実現するためのモジュールなど6機種と、以前からのラインナップのヴィンテージ・エディション4機種が新発売になりました。詳細は各製品ページをご覧ください。

新製品

181027doepfer

2018.10.27 Update

2018楽器フェア SYNTH FEST18出展のお知らせ

banner_gakkifair2018

2年に1度開催される国内最大の楽器の見本市「2018楽器フェア」に福産起業が出展します。コンピュータ・デジタル・エリア内のJSPAプロデュース「SYNTH FEST18」TFOM ブースにモジュラーシンセを中心に出展いたします。モジュラーシンセサイザーの雄、Doepfer をはじめとした人気のモジュールで組み上げたイベント恒例「モジュラーシンセの壁」など、シンセサイザー好きには見逃せない展示となっております。ぜひ足をお運びください。

イベント情報

日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア」は国内外の一流ブランドの楽器や最新技術を駆使した新製品、およびその関連商品の全てを一堂に集結し、楽器の最新情報と音楽情報を提供する世界最大のコンシューマー向け楽器ショーです。 憧れの名器から新製品まで実際の楽器を"見て、触って、弾いて、聴いて、体験して、そして購入もできることで、音楽することの喜び、楽しさをご来場の皆様にお伝えいたします。

2018楽器フェア

2018年10月19日(金)、20日(土)、21日(日)

東京ビッグサイト西1・2ホール

オフィシャルサイト

2018.10.17 Update

Dave Smith Instruments 社名変更のお知らせ

sequencial_crew

かつて Dave Smith が開発した伝説のポリフォニック・シンセサイザー Prophet-5 の40周年を記念して、2018年8月31日(アメリカ現地時間)より Dave Smith Instruments は公式に「Sequential」へと社名が変更になりました。Dave Smith が最初に創業した会社名に戻ります。今後は全ての製品とサービスが Sequential ブランドになります。

Dave Smith はこの決定をこの様に説明しました。「今月は Prophet-5 の40周年という大きな節目を迎えます。我々の会社としての旅が一周して、Sequential ブランドを完全に復活させるのにちょうど良い機会でした。また社名の変更は我々の楽器がチームの努力の結果であるいう事実を反映しています。それは私だけではなく、会社全体です。」

1974年、Daveによって”Sequential Circuits”として設立された会社は、当時の電子楽器の主要なイノベーターとしての地位を確立しました。Sequential Circuits のフラッグシップ・キーボードである Prophet-5 は、1978年に世界で初めて完全にプログラム可能なポリフォニック・シンセサイザーとして世界を席巻し、マイクロプロセッサーを内蔵した最初の楽器となりました。

驚異的な人気を誇るモノシンセ Pro-One、世界初の MIDI を搭載した楽器 Prophet-600、初のマルチティンバー・シンセサイザー Six Trak、初のデジタル・ベクターシンセシス・シンセサイザー Prophet-VS を開発。Sequential Circuits は1987年に事業を終了し、その社名は1980年代半ばに”Sequential”に短縮され、その資産は YAMAHA が取得しました。Dave Smith はその後 YAMAHA と KORG のコンサルタントとして活躍し、KORG WAVESTATION など数々の革新的なシンセサイザーの開発に携わりました。

2002年、Dave Smith Instruments を設立し、単独でのハードウェア設計に専念、ハイブリッド・アナログ/デジタル・シンセサイザー Evolver をリリースしました。 DSI の製品ラインナップは Prophet'08、Mopho、Tetra、ドラムマシン Tempest、Prophet 12、Pro2、Prophet-6、OB-6、Prophet Rev2、Prophet X と着実に成長しました。

2015年、Roland の創業者である梯郁太郎氏の勧めにより、YAMAHA は善意のしるしとして Dave Smith に Sequential の名を返還しました。「梯さんと YAMAHA のおかげで我々が Sequential の名を再び使用する事ができるようになり、ちょうど良い機会があればその名を完全に復活させたいと思っていました。そして遂にその時がやって来たのです。」Dave Smith は語ります。「40年前と同じように世界をより創造的な場所にするための感動と熱意を持っていることが最も重要です。Sequential は帰って来ました。我々は更に前へと進みます。」

2018.9.1 Update