SKULPT Synthesiser

COBALT8 シリーズ

サポート情報

アップデート履歴

COBALT8 v1.3

特徴

COBALT5S に搭載しているコーラス・エフェクト(「Chorus (v2)」)を COBALT8 シリーズへ新たに追加

改善点

  • シーケンサーの名前が正常に同期しない問題を修正

COBALT8 v1.2

改良点

  • Mac OS Big Sur での USB MIDI 接続の改善
  • MODALapp による大容量データ転送時の信頼性を向上

COBALT8 v1.1

特徴

  • 6つの新しいオシレーター・アルゴリズム (Noise AM と Square FM タイプ)
  • 常に MIDI クロックを送信する「マスター」クロックモードを追加

改良点

  • 外部シーケンサーとの連携時のアルペジエーターの同期を改善
  • エクスプレッション・ペダルの動作を改善
  • 外部 MIDI からクロックを受信する際の LFO1 の同期を改善

修正点

  • 意味のないモジュレーションの割り当てオプションを削除
  • LFO1 の S+H シェイプでのリトリガーの問題を修正
  • 外部 MIDI メッセージによる画面切り替えが有効になっている場合、外部 CC 0(バンク)メッセージで画面が「Play」ページに切り替わってしまう問題を修正
  • Tri Noise の画面表示の不具合を修正
  • ビブラートの割り当てでオシレーターのピッチがずれてしまうことがある問題を修正
  • 0ステップのステップ・シーケンスを読み込む際の問題を修正
  • Y+ から LFO1 へのアサインが期待通りに機能しないことがあった問題を修正
  • XY ロック・パラメータのアプリ同期を修正