Iridium Keyboard

16-voice Dual Timbral Polyphonic Digital Synthesizer

Overview

製品概要

Iridium Keyboard (イリジウム・キーボード)はポリフォニック・アフタータッチ・キーボードを搭載した、最先端の16ボイス・デジタル・シンセサイザーです。5種類の強力なシンセシス・アルゴリズムを3つ同時に使用できるオシレーター、デュアル・デジタル・フィルター、デジタル・フォーマー、豊富なモジュレーション・ソースと40モジュレーション・マトリクスなど多彩な機能を搭載。最先端の音作りをどこまでも探求できます。シンセサイザーの歴史上、希少な存在であるポリフォニック・アフタータッチ・キーボードは最高のパフォーマンスを提供します。ノートごとの圧力をモジュレーション・ソースとして、あらゆるパラメーターをコントロールできるこの機能は、キーボーディストの表現力に新たな可能性を与えます。

最先端のシンセシスエンジンとポリフォニック・アフタータッチ・キーボードの融合。Iridium Keyboard は新たな次元の表現を生み出す、革新的なシンセサイザーです。

店頭展示情報

Waldorf Iridium Keyboard は全国の福産起業製品 取扱楽器店でお試しいただけます。

Five G Music Technology150-0001 東京都渋谷区神宮前1-14-2 ル・ポンテビル4F03-3746-0861Webサイト
  • 在庫状況、納期につきましては各店舗までお問い合わせ下さい。
  • リストは五十音順です。

Features

特徴

キーボーディストに最高の表現力を提供する「ポリフォニック・アフタータッチ・キーボード」を搭載

Iridium Keyboard は世界最高品質の「FATAR TP / 8SK」49鍵セミウェイテッド、ポリフォニック・アフタータッチ・キーボードを搭載しています。

ポリフォニック・アフタータッチとは

一般的なシンセサイザーの多くに搭載されているアフタータッチは「モノフォニック・アフタータッチ(チャンネル・アフタータッチ)」です。キーボードを演奏して、さらにキーボードを押し込み「圧力」を加えることで「演奏しているサウンド全体」に変化を加えるという技術です。

Iridium Keyboard が採用した「ポリフォニック・アフタータッチ」は、鍵盤を押し込む圧力を「ノートごと」に出力します。つまり「演奏しているノートごとのサウンド」に変化を加えることができるのです。簡単な例を挙げると、コード4音を押さえている最中に、右手の高音2音を強く押し込むとその「2音だけサウンドの表情が明るくなる」といった演奏表現が可能になるのです。ポリフォニック・アフタータッチはモジュレーション・マトリクスを介して Iridium Keyboard のあらゆるサウンド・パラメーターにアサインすることができます。これがどれほどの可能性を持っているか想像してみてください。

ポリフォニック・アフタータッチは MIDI 規格で昔から策定されていたにも関わらず、今まで実装されたシンセサイザーは極めて少なく、MPE と共に近年大きな注目を集めている技術です。

Iridium Keyboard はキーボーディストに最高の表現力を与えるキーボードと、最先端のシンセシス・エンジンを搭載した「世界で最高の表現力を持つシンセサイザー」と言えます。

表現力をさらに拡張する Play セクションと Perform ページ

Play セクション

キーボードの左側には演奏をさらにサポートする Play セクションが配置されています。オクターブ Up/Down、Chord、Latch ボタンなどに加え、各スクリーンへのジャンプや特定のコマンドを1タッチで実行できる「Macro ボタン」を6つ搭載。ピッチベンドとモジュレーション・ホイールは表面にラバー加工が施されており、グリップ感抜群の操作感です。

Perform ページ

タッチスクリーン・ディスプレイには、2タップで最大120のお気に入りサウンド・プログラムへ瞬時にアクセスできる「Favorites タブ」、アルペジエーター、シーケンサー、パラメーター・シーケンサーでパフォーマンスを行える「Autoplay タブ」、アサインした2種類のパラメーターをタッチ操作で自在にコントロールできる「XY パッド」を搭載。キーボーディストのパフォーマンスをさらに加速させる機能が用意されています。

デュアル・レイヤー

1つのサウンドプログラムを演奏する「Single モード」に加え、1つのサウンド・プログラムを同時に演奏できる「デュアル・レイヤー」モードを搭載。「Split モード」では左右で2のサウンド・プログラムを、「Layerd モード」では2つのサウンド・プログラムを重ねて演奏することができます。

MPE 対応

Iridium Keyboard は世界で最先端の電子楽器コントロール技術である「MPE(MIDI Polyphonic Expression)」に対応しています。外部の MPE コントローラーを接続することで、ノートごとに X(左右)、Y(前後)、Z(圧力) の3軸を同時にコントロールし、アコースティック楽器に迫るような繊細な演奏を可能にします。

※MPE を利用した演奏には、外部の MPE 対応コントローラーが必要です。

世界中のトップ・サウンド・デザイナーが制作した3000種類以上のサウンド・プログラム

Iridium Keyboard には世界中のトップ・サウンド・デザイナーが制作した、3000種類以上の膨大なサウンド・プログラムが内蔵されています。20名以上ものサウンド・デザイナーによる豊富なプリセット・プログラムは、Iridium Keyboard のあらゆる可能性を引き出し、あらゆるジャンルをカバーし、多岐にわたるサウンドをすぐに演奏できます。プログラムの保存領域はプリセットを含む10000スロット。もちろんユーザーがオリジナル・プログラムを作成し、Iridium Keyboard の中であなたの名前をトップ・サウンド・デザイナーのリストに並べることも可能です。

膨大なパラメーターへ瞬時にアクセスしてエディットできるコントローラー群とタッチスクリーン・ディスプレイ

最先端のシンセシス・エンジンを搭載した Iridium Keyboard には膨大なパラメーターが用意されています。音作りに必要な主要なパラメーターは、すべてコントロール・パネルにノブとエンコーダーとボタンとして配置されており、瞬時にアクセスできます。タッチスクリーン・ディスプレイの上部には各セクションへ一瞬でジャンプできる Mode ボタン、下部には主要なパラメーターをコントロールできる Selection ダイヤルとその他の機能のボタン、左右にはディスプレイに表示されている6つのパラメーターをコントロールする銀色のエンコーダーを配置。

さらに詳細なパラメーターはタッチスクリーン・ディスプレイで直感的にアクセスできます。パラメーターの数値の細かなエディットはもちろん、ウェーブテーブル波形を指でなぞってコントロール、シーケンスや Komplex モジュレーターを指で描画するといった直感的な操作が可能です。

Iridium Keyboard には膨大なパラメーターをすべて把握しつつ最短でアクセスできる、最先端のインターフェースを備えています。

5種類の強力で個性的なシンセサイズ・アルゴリズムを使用できる3つのオシレーター

オシレーター・セクションには3つオシレーターを搭載。それぞれに5つの異なるシンセサイズ・アルゴリズムの中から1つを設定して同時に使用できます。アルゴリズムは Waldorf の代名詞とも言える Wavetable から、次世代のシンセシスとも呼べるカーネル・シンセシス・モードまで、多様なシンセシス技術をカバーしています。

ウェーブテーブル・ジェネレーター

Waldorf の最新ソフトウェア版ウェーブテーブル・シンセサイザー「Nave」の機能も内包するウェーブテーブル・アルゴリズム。スピーチ・シンセシスやオーディオからのウェーブテーブルの作成も可能。

ウェーブフォーム・オシレーター

クラシック・スタイルのシンセ波形を生成するオシレーター。ノコギリ波、サイン波、三角波、矩形波(PWM可能)、ピンクノイズ、ホワイトノイズといった基本的な波形を生成します。波形を様々な形に変化させることができるワープ機能を搭載、オシレーターシンクも可能。

パーティクル・ジェネレーター

シングル・サンプルからマルチ・サンプルまで使用可能な、オーディオ・サンプルをプレイバックするサンプラー。ノーマル・プレイバックとグラニュラー・プレイバックの2つのモードを使用できます。生楽器のサウンド・プレイバックからグラニュラーによる実験的な音作りまで幅広く使用できます。

レゾネーター

物理モデリング・シンセシスの技術によるレゾネーター。短いインパルス・ノイズ、またはサンプルをバンドパス・フィルターバンクへ入力し、共振させる事でサウンドを生成する原理です。ベルや打楽器など、アタックの強い金属的なサウンドを生成します。

カーネル・シンセシス・モード

クラシックな6オペレーター FM シンセシスから、革新的なオーディオレートでのウェーブテーブル・モジュレーションまで可能なカーネル・シンセシス・モード。テンプレートを選択し5つのマクロパラメーターを操作するだけで簡単にエディットが行える「テンプレート・モード」と、FM エキスパート・ユーザーのために、より多くの FM パラメーターへアクセスできる「フルエディット・モード」を使用できます。フルエディット・モードでは自分でテンプレートを作成し、作成したテンプレートをインポート/エクスポートすることも可能です。

デュアル・デジタル・フィルターとデジタル・フォーマー、5エフェクト

音作りに重要なデュアル・デジタル・フィルターは Quantum オリジナルに加え、PPG、Nave、Largo といった Waldorf クラシック・フィルター・モデルから選択できます。Filter 1と2のカットオフ・フリーケンシーを相対的にコントロールする Link モードにより、デュアル・フィルターならではのユニークなサウンドの変化を得られます。

デジタル・フォーマーはドライブ、ビットクラッシャーなどのエフェクト、または3つ目のフィルターとして機能するセクションです。ルーティングによりフィルター・セクションの前後、または並列に配置させることができます。

サウンドに更なる彩りを与えるエフェクトは、Phaser、Chorus、Flanger、Delay、Reverb、そしてサウンドの仕上げに利用できる EQ、Drive、Compressor を搭載。最高品質のエフェクトを最大5系統同時に使用できます。

モジュラー・シンセサイザーに迫る柔軟な音作りが可能なモジュレーション・マトリクス

6つのエンベロープ、6つのLFO、Komplex モジュレーター、コントローラーなどのコントロール・ソースで、多くのパラメーターをモジュレーションできるモジュレーション・マトリクスはモジュラー・シンセサイザーに迫る柔軟な音作りを可能にします。Iridium Keyboard は 53 種類のソースで 191 種類のパラメーターをモジュレーションすることができます。モジュレーション・スロットの数は同クラスの他のシンセサイザーを遥かに上回る 40 スロット。モジュラー・シンセサイザーに置き換えると最大でパッチケーブル 40 本分もの複雑で膨大なモジュレーションが可能です。

ユーロラック・モジュラーシンセの世界との橋渡し CV/Gate Clock インターフェースを搭載

地球上で爆発的にユーザーが増え続け、無限の可能性が注目されている「ユーロラック・モジュラーシンセサイザー」の世界。Iridium Keyboard には、それ自体が持つ無限の可能性と、ユーロラックが持つの無限の可能性を融合することができる「CV/Gate Clock」インターフェースを搭載しています。4つの CV In、1つのGate In、Clock In、Start In、Clock Out を搭載しており、ユーロラックのモジュレーション・ソースで Iridium Keyboard のパラメーターをコントロールしたり、Iridium Keyboard の内部マスター・クロックをユーロラックのシーケンサーにシンクさせるといった使い方が可能です。

専用ハードケース(別売)

堅牢な作りで安心して持ち運べる専用ハードケースを用意。

  • 日本製(弊社の協力会社による設計と製造)
  • JAN コード : 4580646112504
  • 定価 : オープンプライス

Specifications

製品仕様

  • 同時発音数16音、デュアル・ティンバー
  • Quantum シンセエンジン互換

3オシレーター

オシレーター・モード :

  • Wavetable(ウェーブテーブル波形)
  • Waveform(バーチャル・アナログ波形)
  • Particle(サンプリングとグラニュラー・サンプリング)
  • Resonator(レゾネーター)
  • Kernel シンセシス(FM を介してオーディオレートで相互リンクできる、最大6つのサブオシレーター)

ボイスごとに3つのステレオ・フィルター

真のステレオ・パス

デュアル・デジタル・フィルター

  • 独立、または Link モードで連携可能な2つのフィルター
  • 12/24dB LP/HP/BP すべての組み合わせで使用可能
  • Nave、Largo、PPG、Quantum、StateVariable フィルター・モデル

デジタル・フォーマー

  • Waldorf Nave、Largo、PPG、HP/LP/BP/Notch から選択できるフィルター・モデル
  • Comb フィルター
  • Bitcrusher
  • Drive
  • RingMod
  • StateVariable モード
  • Filter ビューにアナライザーを表示
  • モジュレートした場合、フィルターカーブの動きを表示
  • 調整可能なパンとレベルを備えた、洗練されたフィルター・ルーティング・オプション

モジュレーター

  • 6 エンベロープ
  • 6 LFO
  • Komplex モジュレーター(ユーザーが自由に描画できる LFO/Envelope のコンビネーション)

モジュレーション・マトリクス

  • 40スロット
  • 素早くアサインが可能な Mod ボタン
  • スロットごとに1つの追加のコントローラーを設定可能
  • マトリクスをすべて使用するまで、同一のソースとデスティネーションを複数回使用可能

キーボード

  • Fatar 製 49鍵 TP/8SK キーボード
  • ポリフォニック・アフタータッチに対応した、セミウェイテッド高感度キーボード
  • ラッチモード

パフォーマンス機能

  • アルペジエーター
  • ノートとパラメーターを最大32ステップ記録可能なステップ・シーケンサー
  • 素早くプログラムをロードできる Favorites ページ
  • モジュレーション・ホイール、ピッチベンド、ポリフォニック・アフタータッチ
  • MPE 互換
  • 6 Macro ボタン(切り替え、On/Off などを自由にプログラムできる6つのボタン)

ディスプレイ

  • 工業用グレードの高感度タッチスクリーン・ディスプレイ

パッチ

  • 3000 以上のファクトリー・サウンド
  • 10000 パッチメモリー・スロット(0000-9999番を使用可能、ファクトリー・サウンド含む)
  • Quantum のパッチをロード可能、Iridium Keyboard のパッチを Quantum でロード可能
  • パッチリストに目的のサウンドを素早く探し出せるカテゴリー・フィルターを搭載
  • 2GB のユーザーサンプルを保存可能な内蔵フラッシュ・メモリー

接続

  • 2x TS 出力
  • 2x TS 入力
  • ゲイン・コントロール付きヘッドフォン出力
  • DIN MIDI In/Out/Thru
  • コンピューター/DAW と MIDI 接続するための USB Type B 端子
  • ストレージ・デバイスと MIDI コントローラーを直接接続可能な USB Type A 端子
  • MicroSD スロット
  • Kensington® ロック

CV 接続

  • 4 CV In と Gate In、Trigger In、Clock In、Clock Out
  • CV In はモジュレーション・マトリクスでモジュレーション・ソースとして使用可能
製品名Iridium Keyboard
製品種別シンセサイザー(キーボード)
価格オープンプライス
JAN コード4580646112078
外形寸法幅 : 851mm
奥行き : 355mm
高さ : 110mm
(ノブを含む)
重量14Kg
付属品ACアダプター、日本語マニュアル