Rumble of Ancient Times (RoAT)

8-Bit Noise Synthesizer

Rumble of Ancient Times (RoAT) は、初期 PC 時代の巧みなプログラミングにヒントを得た 8 ビットのノイズ・シンセサイザーおよびシーケンサーです。当時は、ビデオ・ゲーム全体がフロッピー ディスクに収まっていました。RoAT は、濃密なノイズ・スケープから多様なグリッチのリズム・パターンまで、さまざまなサウンドを作成でき、コンパクトで持ち運びやすいこの楽器は、多くの要素を組み合わせることで、驚くような音楽的結果を生み出します。

シンセサイザーの 「心臓部 」には4つのサウンド・オシレーターがあり、それぞれ調整可能な波形と、オシレーターの音色や音量を変調できる個別のLFOを備えています。各オシレーターの変調信号は、FM、リング・モジュレーション、ビット単位の論理演算などを含む 1,536 種類の複雑な加算アルゴリズムを使って他の信号とミックスされます。

シンセには、独特の Lo-Fi キャラクターを持つ8ビットのレゾナント・ローパス・フィルターが搭載されています。

内蔵シーケンサーは、外部機器と同期でき、クロック出力も行えます。

RoAT は、バッテリーにより駆動し、1セット(1.5v  単4アルカリ電池x4本)で最大130時間動作します。

RoAT は、古い冷蔵庫やその他のシンプルな電子機器の「頭脳」に使われているような、非常にシンプルな8ビット・マイクロコントローラーで作られています。非常に賢いプログラミングのおかげで、多くの機能を備えた非常に高性能なシンセを駆動することもできます。

また、現代の消費者向け電子製品とはまったく対照的に、業界のリーダーたちが時代遅れだと考えているチップのコードを効率化して使い、このシンセサイザーができあがっていることを称賛するとともに強調しています。私たちは、テキストエディタが1GB 以上にもなり、電子メールのチェックのような単純な作業でも、最新の OS と強力な処理能力を必要とする時代に生きています。コア・タスクは 15 年前と何ら変わらににも関わらず、計算能力はほんのわずかです。

そこで RoAT は、数十年前に開発および製造されたチップを何百万トンものゴミにするのではなく、革新的な使用法で新しい種類のエコロジカルな考え方を提案します。産業界が時代遅れとみなすように強要した技術は今でも使用でき、またそれは消費電力が非常に低いという利点もあるのです。これは、地球を傷つけ、貴重な資源を無駄にする計画的陳腐化ラッシュを急ぎ足で疾走するよりも、環境に優しいアプローチなのです。

RoAT は、SOMA 開発チームに加わった新しいクリエイティブ マインドである Kakos Nonos によって設計およびプログラムされました。彼の非常にユニークな電子楽器製作スタイルは、質の高い職人技、高度なプログラミング、そしてグースリ、ハーディ・ガーディ、バグパイプなどの中世のアコースティック楽器への愛情を兼ね備えている。


 


 

Rumble of Ancient Times (SOMA Lab main DEMO)

Rumble of Ancient Times DEMO | No Talking

SP404 for Chaos: Where Noise and Beatmaking Meet (Feat. the SOMA Rumble of Ancient Times)

Demo of the first prototype - Шумовой синтезатор "Грохот древних эпох"

Huge Giant Kick Drum Sounds of the SOMA RoAT and Vermona Filter Lancet

The Gaz Williams Show - ROAT and Wingie. What a combo!

  • シンク出力電圧:5 V
  • 最小シンク入力電圧:0.2 V
  • 交流入力電流 :20 mA
  • 最大出力電圧:5 V
  • オーディオアウトプット端子:3.5 mmジャック
  • シンクアウト端子:3.5 mmジャック
  • 電源:1.5v 単4アルカリ電池 x4本
製品名Rumble of Ancient Times (RoAT)
製品種別シンセサイザー(ガジェット)
外形寸法幅 : 122mm
奥行き : 136mm
高さ : 40mm
重量145g