GPMX-16

16 way bi-directional MIDI to GPI and GPI to MIDI converter

Overview

製品概要

KENTON Electronics / GPMX-16(ジーピーエムエックス16)は、4つの9ピンDコネクタに配置された16のGPI(General Purpose Interface)入力と16のGPI出力があり、入力用のDソケットと出力用のDプラグを備えています。MIDIメッセージをノート、コントローラ(CC)、プログラムチェンジとして送受信することができます。以下の説明では、MIDIノートナンバーを参照していますが、現在使用されている入力または出力モードであれば、コントローラーナンバーまたはプログラムナンバーにも適用されます。

Features

特徴

GPMX-16は、4つの9ピンDコネクタに配置された16のGPI(General Purpose Interface)入力と16のGPI出力があります。入力用のDソケット、出力用のDプラグを備えています。

各ブロックの8つの入出力には、スタートMIDIノートナンバーを割り当てることができ、後続した入出力は連続したノートナンバーに続きます。1つ目のブロックのデフォルトは36~43、2つ目のデフォルトは44~51です。

MIDIチャンネルは、入力と出力それぞれ個別に設定できます(デフォルトのチャンネルは、送信=1、受信=2)。

すべてのスイッチ入力のデバウンス値を設定できます(範囲:1〜100ミリ秒、デフォルト:10mS)。

入力は内部プルアップ付きで、入力をグランドにショートすると適切なMIDI ONメッセージが送信され、グランドへのショートを解放するとMIDI OFFメッセージが送信されます(無効の場合を除く)。

GPI出力は、パルス出力(デフォルト)またはオン/オフメッセージでコントロールが可能です。

GPI出力は、フローティングで、100mAの抵抗負荷で最大50Vのスイッチングが可能です。

1~8番ピンは出力ピンで、9番ピンがコモン・グランドという配置になっています。

9番ピンは1〜8番ピンに対して、+または–にすることができます。

2つのMIDI出力ソケットがあり、どちらも同じMIDI情報を伝送します。MIDI入力に届いたMIDIは、スイッチ入力により生成されたデータとマージされ、MIDIアウトプットに送信されます。

本体の電源は、ロック式プラグで接続された外部マルチリージョン電源(付属)で供給されます。

パラメータのエディットは、LEDディスプレイとプッシュボタンを組み合わせて行います。

設定は不揮発性メモリーに保存されます。誤って設定を変更してしまわないように、エディット・モードは凹型のプッシュボタンでのみ有効になります。

Specifications

製品仕様

  • ディスプレイ:3×7セグメントLEDディスプレイ
  • 電源:DC9V(最大200mA)、2.1mmロック式コネクター
  • 寸法 :190×110×46mm(脚部含む)
  • 重量:800g(電源含む)
  • MIDI: IN、OUT 1、OUT 2(OUT 1とOUT 2は、同じデータを出力します)
  • 入力:GPI 16系統(9ピンDソケット2個に各8系統、9ピンはコモングランド)
  • 出力:GPI 16系統(9ピンDソケット2個に各8系統、9ピンはコモングランド)
  • 電源アダプター:ロック付きスイッチモード・マルチリージョンタイプ

※詳細につきましては、取扱説明書を参照ください

製品名GPMX-16
製品種別MIDI コンバーター
価格オープンプライス
JAN コード4580646111668
外形寸法幅 : 190mm
奥行き : 110mm
高さ : 46mm
重量800g
(電源含む)
付属品日本語取扱説明書、電源アダプター