A-126-2V

Voltage Controlled Frequency Shifter II

A-126-2 Frequency Shifter は、入力されたオーディオ信号のすべての周波数を同じ量だけシフトさせる、フルアナログのフリーケンシー・シフターです。

例えばシフト周波数が200Hzの場合、1000Hzは1200Hzに、2000Hzは2200Hzに、3000Hzは3200Hzに、とシフトしていきます。これは、すべての周波数が比例してシフトするピッチシフト(例:1000 > 1200Hz、2000 > 2400Hz、3000 > 3600Hz)とは異なります。

内蔵のクアドラチャー VCO の周波数レンジは約8オクターブ(約20 Hz ~ 5 kHz)です。必要に応じて外部のクアドラチャー VCO を使用することもできます。

コントロールと入出力

  • Frequ.1 : シフト周波数のマニュアル・コントロール(coarse)
  • Frequ.2 : シフト周波数の2つ目のマニュアル・コントロール(fine)
  • FCV in および FCV : シフト周波数の外部 CV コントロール用のアッテネータ付き CV 入力
  • Mix:アップ / ダウン・シフトのミックス量のマニュアル・コントロール
  • Mix CV in および Mix CV : アップ / ダウン・シフトのミックス量の外部 CV コントロール用のアッテネータ付き CV 入力
  • Audio in、Level、Overload(LED): アッテネータ付きオーディオ入力
  • (標準オーディオ入力レベル=1Vpp、入力レベルはオーバーロード LED が少し点灯し始める程度に調整する必要があります。)
  • Audio Out : フリーケンシー・シフターのオーディオ出力
  • Squelch : スケルチ機能のコントロール
  • ノブを左に回すと、エンベロープ・フォロワー信号で VCA が制御されます。ノブを右に設定すると VCA は全開になりスケルチ機能は無効となります。
  • VCO Outputs : 内蔵クアドラチャー VCO 出力、約12Vpp(+6V/-6V)。
  • ext. VCO inputs : 内蔵クアドラチャー VCO の代わりに外部のクアドラチャー VCO を使用する場合に使用します。
  • VCA ext. CV : 外部 CV で VCA を制御するために使用します。このとき、内臓のスケルチ機能は無効となります。

専用の拡張モジュールにより、アップ / ダウン・シフトの個別出力、ドームフィルター出力、リングモジュレーター出力、エンベロープ・フォロワー出力、2つ目のオーディオ入力を追加できます。

製品名A-126-2V Voltage Controlled Frequency Shifter II
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価52,600 円(税別)
JAN コード4580646111972
関連製品A-126-2EXPV Frequency Shifter II Expander Module
8HP
奥行き60mm
消費電流+12V : 80mA
-12V : 70mA