281 Classic Reissue

Quad Function Generator

281 Classic Reissue – Quad Function Generator は2つのペアで構成された4つのファンクション・ジェネレーターを搭載したモジュールです。

4つのファンクション・ジェネレーターは全て独立して動作させる事ができ、より複雑な CV を生成するためにペアリングする事もできます。

スイッチでトランジェント、サスティン、サイクル の3つのモードのいずれかを選択します。

パルスを受信するとファンクション・ジェネレーターの出力電圧は、入力した CV とアタック・タイム・ノブの設定の合計により決定されるレートで最大 10V まで上昇します。サスティン・モードでは入力したパルスが維持されている間は電圧が高く保たれます。サスティン・モードでないとき、または入力したパルスが切れると、出力はディケイ電圧とディケイ・ノブの設定値の合計により決定されるレートで 0V までランプ・ダウンします。

ディケイの最後にはパルス出力からパルスを出力します。281 をサイクル・モードに設定した場合、これらのサイクルが繰り返されます。

アタックとディケイに設定できる時間は0.001秒から10秒です。

クアドラチャー・モードではファンクション・ジェネレーターAとB(またはCとD)は互いに連動して90度シフトした状態で動作します。より複雑なエンベロープ(ADSR)を生成するために OR 関数を呼び出す事ができます。

製品名281 Classic Reissue – Quad Function Generator
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズと互換性のある 200 Classic Reissue シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

200 Classic Reissue シリーズのモジュールは 200e シリーズのプリセット・マネージャーには対応していません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です。