266 Classic Reissue

Source of Uncertainty

266 Classic Reissue – Source of Uncertainty は音楽的な予測不可能な要素を生成するモジュールです。

コントロール・パネルはいくつかのセクションに分かれており、それぞれがユニークな機能を実行します。

3種類のノイズが用意されており、それに対応する専用の出力が用意されています。3db/octave から出力されるホワイトノイズは電気的には平坦ですが、音響的にはスペクトルの高域に向かってバランスが取れています。-3 dB/octave から出力されるインテグレーテッド・ホワイトノイズは、スペクトルの偏りが少ないホワイトノイズです。flat から出力される音楽的なフラットノイズは、スペクトルが平坦で(オクターブあたりのエネルギーが一定)、その後の処理がしやすいソースです。

Fluctuating Random Voltages は連続可変で、0.05Hz から 50Hz の帯域幅を CV によるコントロールが可能、ほとんど感じられない微細な動きから、急激な変化まで生成します。

Quantized Random Voltages は、パルスを受けると変化する電圧です。状態の数は CV によるコントロールが可能です。

また、266 は Stored Random Voltages セクション、CV コントロールが可能な Integrator、Sample and Hold も搭載しており、幅広いランダムな要素を生成することができます。

製品名266 Classic Reissue - Source of Uncertainty
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズと互換性のある 200 Classic Reissue シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

200 Classic Reissue シリーズのモジュールは 200e シリーズのプリセット・マネージャーには対応していません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です。