258 Classic Reissue

Dual Oscillator

258 Classic Reissue – Dual Oscillator は2つの独立した VCO を搭載したモジュールです。

それぞれのオシレーターは 5 Hzから20 kHz の間で連続可変が可能フリーケンシー CV 入力、ウェーブシェイプ CV 入力、FM 入力を搭載しています。それぞれのパラメーターにはオフセット・コントロールが用意されています。

上段のオシレーターの波形はサイン波からノコギリ波へ、下段のオシレーターの波形はサイン波から矩形波へ連続可変でき、出力するサウンドの幅を広げることができます。

258 Classic Reissue は、黒いノブを搭載した Davies knobs バージョンと、青いノブを搭載した Rogan knobs バージョンの2種類がラインナップされています。ノブの違い以外の機能は同一です。

製品名258 Classic Reissue - Dual Oscillator
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズと互換性のある 200 Classic Reissue シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

200 Classic Reissue シリーズのモジュールは 200e シリーズのプリセット・マネージャーには対応していません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です。