SKULPT Synthesiser

SKULPT Synthesiser

サポート情報

SKULPT のファームウェアをアップデートする

SKULPT のファームウェアはエディターソフトの「MODALapp」を使用して簡単にアップデートする事ができます。(2019年4月現在、SysEx ファイル形式でのファームウェア・ファイルの提供は行なっておりません。)

アップデート手順

このアップデート手順と画面写真は Mac OSX バージョンの MODALapp です。他のデバイスを使用したアップデートも同様の操作で行えます。

1. 最新バージョンの MODALapp がインストールされたコンピューター、タブレット、スマートフォンと SKULPT をUSBケーブルで接続します。SKULPT が正常に起動しない場合は USB から供給されている電源の容量が不足しています。セルフパワータイプ(ACアダプターから電源を供給するタイプ)の USB ハブを使用して下さい。

2. MODALapp を起動します。

3. SKULPT の電源を入れるとアップデートを促すメッセージが表示されるので「UPDATE」をクリックします。SKULPT のファームウェアが最新バージョンの場合、このメッセージは表示されません。またこの画面で「LATER」をクリックしてアップデートをスキップしても、MODALapp の SETTING メニューの中の「CHECK FOR UPDATE」をクリックして再度表示させる事ができます。

4. MODALapp の画面が白い4分割された画面になります。SKULPT の USB ケーブルの接続を外すか、SKULPT の電源を OFF にします。

5. SKULPT のコントロール・パネルの LFO2 / RING MOD ボタンを押したまま USB ケーブルを再度接続するか、SKULPT の電源をON にします。

6. 電源を ON にした後も、そのまま LFO2 / RING MOD ボタンを押し続けます。SKULPT のキーボードの LED が低音から高音へかけて順番に点灯するので、全て点灯したら LFO2 / RING MOD ボタンを放します。

7. どのデバイスをアップデートするかを選択するセレクト・ボックスが出てくるので、SKULPT を選択します。

8. INSTALL をクリックするとアップデートが始まります。完了するまで絶対に USB ケーブルを抜いたり MODALapp を終了したりしないで下さい。SKULPT が故障する原因となります。

9. アップデートが完了すると SKULPT は自動的に再起動し、MODALappと接続されてそのまま使用できる状態になります。

10. SKULPT のファームウェア・バージョンは MODALapp の SETTING メニューで確認できます。

アップデートに失敗して SKULPT が正常に起動しなくなってしまった場合の対処方法

ファームウェアのアップデート中に途中で止まってしまったり、間違って電源を切ってしまった場合など、SKULPT が正常に起動しなくなってしまう場合があります。(例 : SKULPT を起動しても一部のボタンの LED が点灯したまま操作を受け付けず音が出ない など)多くの場合、下記の手順で復旧することが可能です。

  • 1. SKULPT を付属の USB ケーブルで iOS、Android、OSX、Windows マシンに接続します。
  • 2. MODALapp を開きます。デバイスが認識されなくても心配しないで下さい。これは SKULPT のファームウェアが消去された際の正常な動作です。
  • 3. MODALapp の左上隅の Modal ロゴをクリックして「About」に移動します。
  • 4. 3秒間表示される About ウィンドウの Modal「M」ロゴをクリックしたままにします。
  • 5. 左上隅の Modal ロゴをもう一度クリックして「TOOLS - SKULPT - Reflash Synth」の順に進みます。あとはアップデート手順4からアップデートを再開できます。

Modal SKULPT synthesiser Sequence Quantise - SKULPT firmware V1.7

SKULPT ファームウェア v1.7 の機能解説動画(英語音声)

アップデート履歴

バージョン2.0.5(SKULPT Synthesiser バージョン1.7)

2019年4月2日リリース

機能

  • オーディオ / MIDI 設定がセッション間で保存されるようになりました。
  • SKULPT Synth でクォンタイズのコントロールができるようになりました。
  • SKULPT Synth のプリセットページでプリセット名をダブル・タップ(クリック)でリネームできる様になりました。

修正

  • SKULPT Synth のディレイ・シンク・ディビジョンのスライダーを修正しました。
  • SKULPT Synth のLFOシンク・ディビジョンのスライダーを修正しました。
  • Craft Rhythm キット・ページのマウスの位置に関する問題を修正しました。
  • Modal デバイスの検出を修正しました。
  • SKULPT Synth のセーブ時のパッチ名の長さを制限しました。
  • MIDI チャンネル変更時の MIDI 送信のバグを修正しました。
  • SKULPT 設定ページのテキストサイズを修正しました。
  • 誤った SKULPT Synth の OCT++ スプレッド・テキストの値を修正しました。
  • 複数の SKULPT Synth が接続されている場合、SKULPT を切断すると UI タブが同期しなくなる問題を修正しました。
  • アプリから SKULPT Synth へサウンド・バンクの転送を行った後 SKULPT synth プリセット名が変わってしまう問題を修正しました。