STO

Compact Voltage Controlled Oscillator

Make Noise STO(エス・ティー・オー)は三角波コアのオシレーター・モジュールです。ウェーブシェイピングや FM やシンクを使用する事で複雑なサウンドを生み出せるアナログ・オシレーターです。

サウンドの出力はバリアブル・シェイプ、サブオシレーター、サイン波の3つです。バリアブル・シェイプは三角波/サイン波の出力で SHAPE ノブで波形をシェイピングします。SHAPE 入力へ CV を入力する際は SHAPE ノブがアッテネーターになります。

LIN はリニアカーブの FM の入力でアッテネーターにより FM のかかり方を調整します。SYNC 入力はオシレーターシンクの入力です。EXPO 入力はエクスポネンシャルカーブのフリーケンシー・コントロール入力で、1V/OCT 入力と加算されます。1V/OCT 入力でシーケンスを演奏しながら、EXPO 入力でトランスポーズをするといった使い方ができます。

S-Gate 入力へゲートを接続すると、1V 以上のゲートが入力されている間のみサブオシレーターが発音され、同時にリセットがかかります。これを利用して別のオシレーターを S-Gate へ接続すると、サブオシレーターのみにシンクをかける事ができます。

製品名STO
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価26,500 円(税別)
JAN コード4582348927837
関連製品DPO
FXDf
8HP
奥行き30mm
消費電流+12V : 40mA
-12V : 30mA