Mimeophon

Multi-Zone Color Audio Repeater

Mimeophone(ミミアフォン)は、あらゆるスペクトル・レスポンスをエミュレートするステレオ・オーディオ・リピーターです。オイル缶エコーから、温かみのある BBD、中域のクランチ BBD、テープエコー、クリスピーなクリーンなディレイ、熱く燃えるような初期のデジタル・ディレイ・ラインまで幅広いエコー / ディレイ・サウンドを生み出します。soundhack のプログラマーである Tom Erbe がコーディングを担当し、 Make Noiseと soundhack のコラボレーションにより生まれました。

Mimeophon(ギリシャ語のmimeo(繰り返し/コピー)およびphon(音)から)という名前は、さまざまな歴史的なコピーデバイス、特に19世紀後半にトーマス・エジソンが印刷物のコピーを大量に作成するために発明したマシンである「Mimeograph(ミオグラフ-ミミアグラフ = 謄写版、ガリ版)」にちなんで名付けられました。20世紀には多くのビジュアル・アーティストがこのようなマシンを使用して、ゼロックスやコピーアートなどと呼ばれる、反復構成のビジュアル・コラージュ・スタイルの作品を制作しました。Mimeophon は音楽に於いて同様の可能性を開きます。非常に短いマイクロ・サウンドからフレーズの長さまで、リピート・サウンドの時間的スケールをモジュレーションおよびモーフィングでき、繰り返し音の色付けと空間化も可能です。

  • フルステレオの入出力
  • 色分けされたモードレス・アルゴリズム:Karplus、Flange、Chorus、Echo、Looping、全てのアルゴリズム間はモーフィング可能
  • Rate はゾーン内でリピート周波数を連続的にコントロール
  • Skew は左チャンネルと右チャンネルで異なる Rate によるリピート
  • ドップラー・モジュレーション効果を加える μRate
  • Rate のドップラーフリー・モジュレーションのためのテンポシンク、複雑なリピート・パターンの作成
  • 繰り返し回数を無限まで設定可能
  • Halo によりステレオ空間の深さのコントロール
  • Color によりフィードバック・エネルギーをコントロール
  • Rate 出力は Skew テンポでパルスを生成し、モジュラー・システム内での同期などに使用可能
  • Zone は逆再生リピートのために反転可能
  • 無限ループの非破壊モジュレーションのためにサウンドを保持
  • 完全に CV コントロール可能な Time、Space、Color モジュレーション・アルゴリズム
  • 合理的な消費電流

Mimeophon は音楽的な用途へ向て設計されており、実験的な用途での使用には適していません。

製品名Mimeophon
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価52,800 円(税別)
JAN コード4580646110524
16HP
奥行き30mm
消費電流+12V : 100mA
-12V : 10mA