A-180-4

Quad Buffer

A-180-4 Quad Buffer は4基の CV バッファを搭載したモジュールです。負荷の変化やその他の理由で CV の電圧が低下してしまい、バッファリングが必要な場合に使用します。
下の3つのバッファ・ユニットは、最上段のバッファ・ユニットの出力にノーマライズされています。これにより下の3つのバッファ・ユニットの入力に信号が入力されていない場合、モジュールは 1 イン 4 アウトのバッファ付きマルチプルとして使用する事もできます。

主な用途

  • CV スイッチ・モジュール(A-150-1、A-150-8、A-151、A-152 など)の出力をバッファする。
    コメント : 双方向スイッチの場合は方向が分からないため(スイッチのどの端子が入力として機能し、どの端子が出力として機能するか)、スイッチング・モジュールにバッファを統合することはできません。すべての電子スイッチは小さな残留抵抗の影響を受けます。これによりバッファリングなしで小さな電圧低下が発生する可能性があります。これは VCO がスイッチ電圧によってコントロールされている場合は特に問題になる可能性があります。
  • VCO が CV によってコントロールされている場合の CV インターフェース、クォンタイザー、スルーリミッター、S&H / T&H、シーケンサーなどのバッファリング(そのモジュールがバッファ付き出力を備えていない場合。)
  • バッファ付きマルチプル(A-180-3 と同等の機能)
製品名A-180-4 Quad Buffer
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
2019年3月〜4月発売予定
4HP
奥行き?mm
消費電流+12V : ?mA
-12V : ?mA