A-142-2

Dual Envelope Controlled VCA

A-142-2 Dual Envelope Controlled VCA は2系統のエンベロープとVCAのコンビネーションを8HPに収めたモジュールです。シンプルな AD / AR / ADSR タイプのエンベロープとVCAの組み合わせで、パーカシッブなサウンドなどを簡単に作成することができます。

エンベロープのタイプはスイッチで選択できます。

  • AD : アタック – ディケイ
  • AR : アタック – リリース
  • ADSR : アタック – ディケイ – サスティン – リリース(ディケイタイムとリリースタイムは共通、サスティンレベルは固定(工場出荷時の設定は50%))

各サブユニットは以下のコントロールと入出力を搭載しています。

  • LEDディスプレイ(エンベロープ出力の表示)
  • アタック(A)マニュアル・コントロール
  • ディケイ/リリース(D/R)マニュアル・コントロール
  • モードスイッチ(AD, AR, ADSR)
  • オーディオレベル・コントロール
  • CVT入力(CVT = CV Time)
  • CV Duck 入力
  • CVT用アッテネーター
  • ゲート入力
  • マニュアル・ゲート(モーメンタリー・スイッチ)
  • オーディオ入力
  • オーディオ出力

CV Duckは外部CV信号によりVCAをミュートするために使用できるVCA用の追加のCV入力です。CV Duck へ入力した外部CV信号がおよそ+5Vを越えるとVCAは完全にミュートされ、0~+5Vの範囲では部分的にミュートされます。回路的にはCV Duckへ入力した外部CV信号は2倍に増幅され、極性を反転した上で内部エンベロープ信号(0~+10V)に加算されます。両方の信号の合計はVCAをコントロールするために使用されます。

アタック / ディケイ / リリースの設定可能な時間の範囲は約1ミリ秒〜30秒です。(別のコンデンサに交換すると、この値を変更することができます。)

オプション

・内部ピンヘッダーで設定を変更することにより、エンベロープ出力(0~+10V)とVCA入力(0~+10V)を使用することができます。各サブユニットで2つの内部ジャンパーの設定を変更すると、どのパラメータがCVT入力によってコントロールされるか(例えば、D + RのみまたはAのみまたはA + D + R)を選択することができます。(CVTを上げるとCVTの時間が長くなるか短くなるかを設定します。)

・バスボードのゲート信号バスから各エンベロープのへの接続はサブユニットごとにジャンパーで設定できます。

製品名A-142-2 Dual Envelope Controlled VCA
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価20,800 円(税別)
JAN コード4582348924911
8HP
奥行き45mm
消費電流+12V : 60mA
-12V : 60mA