A-135-2

Quad VCA / Voltage Controller Mixer

A-135-2 Quad VCA / Voltage Controller Mixer は A-135-1 VC Mixer の小型バージョンです。コンパクトな 8HP サイズにの4つのリニア VCA(電圧制御アンプ)と VCA ベースの電圧制御ミキサーを搭載しています。

各 VCA のコントロール、入出力、機能

  • Level(VCA の増幅量のマニュアル・コントロール) : 小さなラバーノブ(L1〜L4)
  • アッテネーター(CV1〜CV4)付きの CV 入力 : 約 0V 〜 +5V の CV レンジ(アッテネーター・ノブを最大に回した場合)。高い CV を減衰するためにアッテネーターを搭載。白いマーカーが付付きのプラスチック・シャフト・
  • 信号入力
  • 信号出力
  • 全ての入力と出力は DC 結合されているので、VCA を使用してオーディオと CV の両方を処理することができます。(LFO やエンベロープのレベルをコントロールするなど。)
  • 信号入力にアッテネーターは装備されていません。VCA は信号をクリップさせる事無く 15Vpp / -7.5〜+ 7.5V までのすべての信号を処理できます。より高いレベルを入力する場合は外部アッテネーターが必要です。(A-183-1 など)
  • 信号を増幅可能な範囲は 0〜1、最大増幅量は1です。(CV が増幅1に対応する値を超えると「クリップ」し1に留まります。)

“Selected” と “All” 2つのミキサー出力を装備

Selected 出力

各 VCA 出力にプラグが接続された場合に、プラグが接続された VCA 以外を合計した信号の出力。

All 出力

VCA 出力に接続されたプラグに関係無く全ての VCA を合計した信号の出力。

ミキサー出力でのクリッピングを避けるため最大増幅率は約 0.6 に設定されています。(0.6 以上にすると出力は各信号入力の合計 15Vpp の信号と、最大増幅の設定で歪む可能性がああるためです。)

CV ミキサーのスペシャル・モード(内部ジャンパーで選択可能)

デュアル・ステレオ VCA モード

VCA1 のコントロール・ユニット(L1 + CV1)は VCA3 にも影響し、VCA2 のコントロール・ユニット(L2 + CV2)は VCA4 にも影響します。VCA2 と VCA4 のコントロール・ユニットは動作しません。2ボイスのデュオフォニック・パッチなどに使用します。

クアッド VCA モード

VCA1 のコントロール・ユニット(L1 + CV1)は4つの VCA 全てに影響します。VCA2、VCA3、VCA4 のコントロール・ユニットは動作しません。このモードは A-132-2 と同じ機能です。そのため A-132-2 は製造中止になりました。4ボイスのユニゾン・パッチなどに使用します。

信号入力のノーマライズ機能

内部ジャンパの設定によって、信号入力1を信号入力2へ、信号入力2を信号入力3へ、信号入力3を信号入力4へとノーマライズする事ができます。これにより同じ入力信号を4つに分配できます。CV による異なるチャンネルへの分配(例 : クアッドフォニック・パッチの場合のオーディオ信号の分配、A-144 Morphing Controller や A-143-9 Quadrature LFO への CV ソースとしての使用など。)

製品名A-135-2 Quad VCA / Voltage Controller Mixer
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価16,500 円(税別)
JAN コード4580646110265
8HP
奥行き45mm
消費電流+12V : 40mA
-12V : 40mA