LEM-208

Overview

Buchla「LEM-208」(レム・ニーゼロハチ)は1973年に発売されたポータブル・モジュラー・シンセサイザー Music Easel の別バージョンです。オリジナル・バージョンの発売から40年の時を経て、幻と言われたシンセサイザーがついに復活しました。2010年代に入って再発売されたこの新しいバージョンは、オリジナルに限りなく近い電子回路、機械設計、そしてグラフィックテーマを踏襲しています。

多くのシンセマニアの憧れの機種の一つである Music Easel。LEM-208 はコンパクトなスーツケースに、様々な機能をが組み込まれた音源の Model 208 を搭載し、下部のブランク・スペースにユーザーが 200e シリーズのモジュールをマウントできるシステムです。

Feature

クラシックな外観と機能をそのままに、現代に蘇る伝説のシンセサイザー

取り外しが可能なカバーを閉めれば、いつでもどこへでも持ち運び演奏する事ができます。

クラシックな外観や機能を完全に再現しながらも、現代の音楽制作環境に対応できるよう、MIDI In とコンピューターとの接続が可能な USB 端子も搭載しています。

LEM-208 は 音源の Model 208 を搭載し、下部に 200e シリーズのモジュールをマウントできます。

Buchla モジュールの様々な機能をコンパクトに収めた
ストアド・プログラム音源 Model 208

MUSIC EASELの心臓部である MODEL 208 は Buchla モジュラーで培われた様々な機能をコンパクトに収めた音源です。

ミニマルなフレーズや音作りに利用できるシーケンシャル・ボルテージ・ソース(5ステップ・シーケンサー)、ASDタイプの3ステージ・エンベロープ、パルス・ジェネレーター、モジュレーション・オシレーター、コンプレックス・オシレーター、西海岸スタイルのシンセシスの要と言えるデュアル・ローパス・ゲート、スプリング・リバーブなど多くの機能を使用できます。

デュアル・ローパス・ゲートは Buchla が開発したVCAとローパス・フィルターを組み合わせた様な機能です。この機能を持つ Buchla 292 モジュールは数多くのメーカーが手本とし、多くのクローンモジュールが作られています。

左上のインターフェース・スロットは MUSIC EASEL に様々な機能を追加する拡張スロットです。Apple iPad を使用して MUSIC EASEL をコントロール、設定を保存する事ができる iProgram Card など、Buchla やサードパーティーから様々な拡張カードが発売されています。

200e モジュールを4ユニットまでマウント可能なブランク・スペース

LEM-208 の下部はブランク・スペースとなっており、Buchla 200e シリーズのモジュールを4ユニットまでマウントする事ができます。基本的な機能を全て搭載した Model 208を中心に、ユーザーが自由にモジュールをマウントしオリジナルのシステムを構築する事が可能です。

Blade Eurorack Adaptor 20HPBlade Eurorack Adaptor 40HP を使用すれば、ユーロラック規格のモジュールをマウントして Buchla モジュールと併せて使用する事もできます。

入出力
  • MIDI In
  • USB (コンピューターと接続)
  • オーディオ出力
  • ヘッドフォン・アウト (Model 208 のコントロールパネルに配置)
  • インターフェース・スロット (Model 208 のコントロールパネルに配置)
付属品
  • プログラム・カード x2枚
  • パッチケーブル(バナナプラグ)赤30cm x3, 黄50cm x2, 黒90cm x3
  • ショーティングバー白 x3
  • Mini-Mini ケーブル x1
  • アース用アームバンド
  • ACアダプター
  • カバー
  • セキュリティキー
  • ※付属品はロットにより数量や内容が変わる場合があります。

Music Easel Cover

Music Easel Cover
製品名LEM-208
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー・システム
価格オープンプライス
※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。