296e

Spectral Processor

296e Spectral Processor は Buchla 200e シリーズのモジュールです。

アナライシス(分析)とシンセサイズ(合成)の機能を内蔵した16チャンネルのバンドパス・フィルターで、リアルタイム・パフォーマンス・フィルターとして、プログラムが可能な合成イコライザー、すなわちボコーダーとして使用する事ができます。

中心となるフリーケンシーは可聴域曲線を補完するように選択されます。各周波数帯域には独自の VCA 入力とエンベロープ・フォロワー出力があり、複雑な変換が可能です。296e は2つの8バンド・フィルターとして分割し、内部で相互接続して使用する事もできます。また2つの 296e をスペクトル分析用と他のシンセサイズ用でカスケード接続する事もできます(接続端子はパネルの後ろに用意されています)。

ユニークなユーザーインターフェースは瞬時にエンベロープを出力し、リアルタイムにスペクトラムを表示します。また2つのレスポンス・カーブをリアルタイムで入力、記憶、編集する事ができます。モジュレーションはレスポンス・カーブに適用され奇抜な効果を生み出し、フリーズ機能は瞬時にエンベロープを保存します。

エンベロープのディケイ・タイムは調整可能で、プリ・エンファシスはボコーディング時にフリーケンシー・レスポンスを滑らかにします。

296e のファームウェアはメモリーカードの容量を超えており、新しいファームウェアをインストールするには新しい200e USB Mac 互換のファームウェア・カードが必要です。

すべての 296e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができます。

製品名296e Spectral Processor
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー
価格オープンプライス

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です