261e

Complex Waveform Generator

261e Control Voltage Processor は Buchla 200e シリーズのモジュールです。

ピッチ、音量、ティンバー、多次元の CV モジュレーションにより複雑な波形を生み出す事ができるオシレーターです。261e の全ての処理はアナログ回路により行われ、ウェーブシェイプ・テーブル・ドライブ・システムによりエイリアシング・ノイズが排除されます。

オシレーターはメインとなるプリンシパル・オシレーターとモジュレーション・オシレーターの2種類が搭載されています。モジュレーション・オシレーターはメインオシレーターまたは MIDI ノートオン・メッセージに同期させる事ができます。その波形は CV コントロールが可能で、サイン波からパルス波まで連続的に変化します。モジュレーション・オシレーターは可変オフセットを設定しプリンシパル・オシレーターのピッチを追従する事もできます。

261e は 225e MIDI Decoder / Preset Manager と連動し、225e で変換した MIDI ノートのピッチ CV が内部ルーティングされているのでピッチCVのパッチングは不要です。1つのシステムに最大で4台の 259e をマウントする事ができ、必要な場合はそれぞれ独自の MIDI チャンネルに設定できます。

すべての 261e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができます。

製品名261e Complex Waveform Generator
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です