257e

Control Voltage Processor

257e Control Voltage Processor は2つの機能を備えた Buchla 200e シリーズのモジュールです。

CV プロセッサー

モジュールの上部には高解像度の CV 入出力が2セットと、それぞれの入力ステージから出力ステージへ至る際の電圧の演算をする直感的なコントロールが搭載されています。電圧レベルはグリッドでグラフィカルに表示され、入力レベルと出力レベルは独立して設定できます。入出力信号パスの任意の箇所にブレークポイントをプログラムし、ブレークポイントの電圧レベルを正確に設定する事ができます。

スループロセッサー

モジュールの下部には3チャンネルのデュアル入力 VC スループロセッサーが搭載されています。スルーレート処理の用途はエンベロープ・セグメントのリアルタイム処理や、ヴィブラート/トレモロのオンセット・ディレイ、ポルタメントまで無数にあります。

各チャンネルにはパルス出力が2つずつ用意されており、スルー電圧が最大値と最小値になった際にそれぞれパルスを出力します。シーケンサーのスタート/ストップ、ゲート・ディレイなど様々な用途で使用する事ができます。

製品名257e Control Voltage Processor
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です