251e

Quad Sequential Voltage Source

251e Quad Sequential Voltage Source は Buchla 200e シリーズのモジュールです。

4つの50ステージ・シーケンサーを搭載しており、それぞれパルス電圧と CV をプログラムし出力できます。選択されたシーケンスのパラメーターを設定するために、別のエディット・セクションが用意されています。シーケンスを走行中に編集する事ができ、シーケンスが停止するとエディットしているステージに従います。

各ステージには1/32音符から全音符までのノートとインターバルを設定でき、3連符や付点音符も簡単に打ち込めます。パルスの長さはインターバルの端数を設定できます。

出力電圧は0.0V〜9.9Vの範囲で、半音あたり0.1Vの感度を有するオシレーターを接続すると使い易いです。

テンポは10bpm〜250bpmの範囲をサポートしています。

その他の機能

  • インターシーケンサー・トリガー
  • スタートの遅延時間の調整
  • シーケンスの逆行
  • 複数の範囲のループ
  • CV でのコントロールが可能なマスター・クロック

すべての 250e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができます。

このモジュールを新しいファームウェアへ更新するためには 200e USB Firmware Card が必要です。

製品名251e Quad Sequential Voltage Source
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です