250e

Arbitrary Function Generator

250e Arbitrary Function Generator は Buchla 200e シリーズのモジュールです。

16個のステージにはそれぞれコントロールとタイムの2つの CV の値を格納しており、ステージへアクセスする事で格納された電圧を呼び出します。コントロールは円形に並んだ16ステージの外側の大きなノブで、タイムは円形に並んだ16ステージの内側のノブで値を決めます。この2つとは別に第3の CV を格納する事もできます。コントロールとタイムは補間、クオンタイズ、外部 CV による書き換えができます。

ステージは内部クロック、外部から入力したパルス、MIDI クロックにより進み、クロックの分解能の変更もできます。

2つのプログラム可能なパルス出力、ステージの位置を CV コントロールするための機能を搭載しています。各ステージに関連付けられたループカウンターはどのステージにも設定してループさせる事ができます。現在のステージ番号はオレンジ色の LED で、エディットしている位置は青色の LED で表示されます。エディターはシーケンサーが動作している間に実行できます。

プリアンプの入力ゲインを除くすべての 250e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができます。

製品名250e Arbitrary Function Generator
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です