210e

Control and Signal Router

210e Control and Signal Router は最大8つの CV 信号と、最大8つのオーディオ信号を独立して配線する事ができる、Buchla 200e シリーズのモジュールです。

パッチケーブルによるパッチングと同等の事をこのモジュール内で行うことができるので、パッチングを最小限に留め、このモジュールでパッチングを変更し視覚的に確認する事ができます。

モジュール下部の CV ルーティンング・セクションでは、5つの出力それぞれを8つのいずれかの入力に接続する事ができます。複数の入力が1つの出力にルーティングされる場合、入力された信号の平均が出力されます。

モジュール上部のシグナル・ルーティンング・セクションも同様に、5つの出力それぞれを8つのいずれかの入力に接続する事ができます。マトリクス・ミキシングでは、任意の出力に対して複数の入力を接続できるので、各接続は独立して拡張性があります。

すべての 210e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができ、各プリセットに対して独立してコントロールとルーティングが可能です。

製品名210e Control and Signal Router
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です