206e

Mixer / Preset Manager

206e Mixer / Preset Manager は2つの機能を備えた Buchla 200e シリーズのモジュールです。

ミキサー

モジュールの上部は6入力2出力のミキサーです。各チャンネルにはレベル・コントロールとステレオ・ロケーション(パン・ポジション)が用意されています。チャンネル1と6は外部 CV で、残りのチャンネル2〜5はマニュアル・コントロールでステレオ・ステージをコントロールできます。

出力はLとRが2系統ずつ、出力レベルを視覚的にモニターできる LED VU メーターを搭載。モニター用のレベル・コントロール付きヘッドフォン出力も備えています。

プリセット・マネージャー

モジュールの下部はプリセット・マネージャーです。システムのほぼ全ての変数の保存と呼び出すためのプライマリ・プリセット・マネージャーとして、または両方が同じ MIDI インターフェースでコントロールされている場合の、2番目のケース/キャビネット用のプリセット・マネージャーとして使用できます。

206e のプリセット・マネージャーは 200e シリーズ専用に設計されています。

製品名206e Mixer / Preset Manager
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です