Trident

Multi-Synchronic Oscillator Ensemble

Trident (トライデント)はダイナミックな音色の変化を生み出すユニークな Zing モジュレーションを搭載した100%アナログのトリプル・オシレーター・モジュールです。

一言で言い表すならば Trident は3つの高精度なオーディオ VCO でそれぞれが独自のCV入力を備えています。

メインまたは「キャリア」と呼ぶ最初のオシレーターは3つの波形を同時に出力します。2つのモジュレーション・オシレーターはそれぞれ単一の出力と波形選択を備えています。モジュレーション・オシレーターには三角波出力のデューティー・サイクルをノコギリ波から逆向きのノコギリ波まで変化させる CV シンメトリー・パラメーターを備えています。またノコギリ波出力を変えて中央に上向きまたは下向きのねじれを持たせることもできます。もちろんパルス波を選択時はパルス幅のコントロールも可能です。

各オシレータは必要に応じてそれぞれ独立して使用できますが、オシレーターを組み合わせて使用することにより魔法が起こります。

その魔法とは Trident が独自に持つ「Zing Modulation」です。各モジュレーション・オシレーターは、Zing パラメータでコントロールされる量で各キャリア出力を変調できます。Zing モジュレーションは数学的にはリング・モジュレーションと似ていますが、オシレーターのシンクにより(オシレーターの Sync ボタンがオンのとき)リング・モジュレーションの非調和の和と差のサイドトーンは、複雑で純粋な高調波の倍音スペクトルに変換されます。モジュレーション・オシレーターのフリーケンシー・モジュレーションとウェーブシェイプ・モジュレーションのどちらを使用しても、サウンドがダイナミックかつドラマティックに変化します。モジュレーション・オシレーターのパラメーター(フリーケンシー、シンメトリー、ウェーブ・シェイプ、Zing、フェイズ(モジュレーションオシレーター2のみ)を変更すると、3つのキャリア波形出力のそれぞれの音色に異なる効果があります。

モジュレーション・オシレーターがキャリア・オシレーターを追従するように設定されている場合、キャリアのフリーケンシーが変化しても波形は一定のままです。この場合の倍音構造はモジュレーション・オシレーターの設定と CV モジュレーションによって決まります。代わりにモジュレーション・オシレーターがキャリア・オシレーターを追従しない場合、倍音構造のいくつかはキャリアのフリーケンシーに対して変化します。

Trident 独自のシンク・モジュレーション機能を使用しても、あるいは単に3つの優れたワイドレンジ・アナログ・オシレーターとして使用しても、Trident は非常にバリエーションに富んだユニークなサウンドを生み出します。

Trident の主要な機能は下記の通りです。

  • 20Hz〜20kHz のチューニング・レンジと 0.01Hz〜25kHzのモジュレーション・レンジを備え、1V / Octave入力 に対応した3つの高精度アナログ・オシレーター。
  • メイン・キャリア・オシレーター : 三角波、ノコギリ波、パルス波を同時に使用可能。エクスポネンシャルとリニアによるモジュレーション、パルスワイズ・モジュレーション。ハードシンク入力を搭載。
  • モジュレーション・オシレーター1 : 三角波、ノコギリ波、パルス波を選択可能。エクスポネンシャル・フリーケンシー・モジュレーションと可変シンメトリー/シンメトリーモジュレーション、可変 Zing レベルと Zing レベルモジュレーション。
  • モジュレーション・オシレーター2 : 三角波、ノコギリ波、パルス波を選択可能。エクスポネンシャル・フリーケンシー・モジュレーションと可変シンメトリー/シンメトリーモジュレーション、可変 Zing レベルと Zing レベルモジュレーション、可変フェーズ/フェーズ・モジュレーション。
  • どちらのモジュレーション・オシレーターもそれぞれ独立してメイン・キャリア・オシレーターへのシンクとメイン・キャリア・オシレーターへのトラッキングが可能。
  • Trident は他の Rossum Electro-Music のモジュールと同様に厚手のアルミニウム・パネル、頑丈なアルミ製ノブ・高品質の部品を使用した堅牢な作りです。
30HP
奥行き25mm
消費電流+12V : 290mA
-12V : 270mA
製品名Trident
製品種別ユーロラック・モジュラーシンセサイザー
定価75,400 円(税別)
JAN コード4582348928162