MFB Logo

NANOZWERG
OPEN PRICE
生産完了
 
NANOZWERG
NANOZWERG フロントパネル
NANOZWERG イメージ NANOZWERG リアパネル
Overview
Nanozwerg(ナノツベルグ)はCDケース5枚ほどのコンパクトなケース(14cm x 13cm x 4.5cm)に減算方式のシンセサイザーとしての基本的なエレメントを凝縮したアナログ・モノフォニック・シンセサイザーです。流行のガジェット・シンセにはない本格的な音作りの機能を誇り、アナログらしい音圧と密度があるサウンドは驚くほどのクオリティでベースやリードに最適です。さらにフィルターボックスとしても機能し外部入力端子から取り込んだオーディオ信号を12dB/Octのマルチモード・フィルターとVCAに入力、各パラメーターに様々なモジュレーションをかけることでオリジナルのサウンドに劇的な変化を与えることができます。4パターンのシーケンサーを内蔵、MIDIとCV&ゲートの2とおりの演奏が可能です。

オシレーターセクションには三角波/ノコギリ波/パルス波(PW50%)/パルス波(PW10%)の4種類の波形を選択できるVCOを搭載。その発振音の1/2(1オクターブ下)か1/4(2オクターブ下)の周波数のパルス波を再生するサブ・オシレーターも装備。最大で原音+完全5度下+1オクターブ下+2オクターブ下をミックスさせることができます。またグライド(ポルタメント)とノイズジェネレーターも用意されています。

フィルターセクションにはアナログの自己発振可能な12dB/Octのマルチモード・フィルターを搭載。ローパス/バンドパス/ハイパス/ノッチの4種類のモードから選択することができます。カットオフ周波数はMIDI (モジュレーション/ベロシティ)、エンベロープ(逆相可)、VCO(FM)、LFO、さらにCVでの変調が可能です。

アンプセクションはエンベロープかゲートでの変調ができます。LFOにはS/Hを含め4種類の波形とワンショット機能(ノートオン後に1波形だけ出力する機能)が用意されMIDIによるスピードのコントロールに対応しています。


Specifications

■ MIDI対応アナログ・モノフォニック・シンセサイザー
■ VCO x 1
  □ 波形:三角波/下降ノコギリ波/パルス波(PW50%)/パルス波(PW10%)
  □ サブオシレーター:VCOの発振周波数の完全5度下、1オクターブ下、2オクターブ下のパルス波
  □ ピッチかパルスワイズをLFOで変調可能
  □ グライド(ポルタメント)
■ ノイズジェネレーター
■ VCF x 1
  □ 12dB/Octのマルチモード・フィルター(ローパス/バンドパス/ハイパス/ノッチ)
  □ MIDI(モジュレーション/ベロシティ)、VCO、LFO、CVでの変調可能
■ VCA x 1
  □ エンベロープかゲートでの変調可能
■ Envelope x 1
  □ Attack/Decay/Sustain/Releaseタイプ
  □ 正相/逆相でのレベル調整可能
■ LFO x 1
  □ 周波数:10〜100Hz
  □ 波形:三角波/下降ノコギリ波/パルス波/サンプル&ホールド
■ MIDI・その他
  □ MIDI In x 1
  □ ノート(C1〜C6)、ピッチベンド(+/-2半音)、モジュレーション、ベロシティ
■ 入出力端子:CV In、Gate In、VCF In、VCA In、LFO In/Out、Audio In/Out
■ 外形寸法:140(W) x 130(D) x 45(H)mm
■ 重量:約300g


デモビデオ
MFB nanozwerg synth vs urzwerg seq
MFB nanozwerg synth vs urzwerg seq vs kraftzwerg synth
サウンドサンプル
サイズ
801 KB
906 KB
946 KB
1,655 KB
1,602 KB
Sound Logo
7,243 KB
2,835 KB