MFB logo

MM Drum-08 Clap
¥14,800(税別)
生産終了
 
MM Drum-08 Clap
 
Overview

MM Drum-08 Clapは最新ドラムマシンである MFB-522 のクラップ回路に改造を加え機能を拡張したモジュールです。

そのクラップのサウンドはよりワイドレンジに設計されたパラメーターとモジュレーションのコントロールにより様々なバリエーションを作成することができます。MFB-522 にはないパラメーターが追加されCVによる音作りも可能になっています。ステレオ出力。

音作りには下記の5つのパラメーターが用意されています。

  • Reverb:リバーブはいわゆるリバーブ(残響)効果とは異なり、クラッ プ・サウンドに含まれるノイズ成分のディケイタイムの設定です。ディ ケイタイムを長くすると残響に近い効果も得ることができます。
  • Claps:出力するクラップの回数を設定します。下記のスペースの設定と関連して効果が変わります。
  • Space:クラップとクラップの間隔を設定します。長く設定するに従いクラップの回数は少なくなります。
  • Decay:個々のクラップのディケイタイムを設定します。
  • Basis:ステレオの広がりを設定します。クラップのサウンドはステレオ効果を得るために左右のチャンネルから交互に出力されます。0にするとモノラルになります。

Clap、Space、Decay はパネルのノブだけでなく外部機器からCV(LFO、ADSR、シーケンサーなど)を入力することでもコントロールすることができます。

トリガー信号にはアナログとデジタルの2つのタイプに対応します。そのためドラムパッド、ピエゾ・ピックアップ、ダイナミック型のマイクなどでトリガーすることができます。Sensノブで最適な入力レベルを設定します。

ステレオ出力のため MM Drum-99 Drum Mixer(ドラムミキサー・モジュール)や外部のミキサーへの接続が必要です。

サイズ:8HP(40mm)
消費電流:30mA