256e

Quad Control Voltage Processor

256e Quad Control Voltage Processor は Buchla 200e シリーズのモジュールです。

入力した CV を代数函数処理し出力するプロセッサを4チャンネル搭載しています。各プロセッサには2つのステージがあり、最初のステージは2つの入力の間の CV パンニングを、2つ目のステージは入力と出力との間のリニア変換をします。さらに非リニア変換を可能にするために単一のブレークポイントを追加する事もできます。

256e のコントロールは簡単に理解する事ができます。ノブと入力したCVで入力電圧を選択します。 追加のノブは0ボルトと10ボルトの入力に対する出力電圧を決定します。 ブレークポイントが呼び出された場合、別のペアのノブがブレークポイントの入力値と出力値を設定します。

このモジュールが可能なプロセスはスケーリング、反転、加算、乗算、加重平均、CVの選択です。LED は変換関数と出力レベルをグラフィカルに表示します。

すべての 256e のパラメーターは 206e Mixer / Preset Manager または 225e MIDI Decoder / Preset Manager のプリセット・マネージャーを使用して記憶と呼び出しができます。

製品名256e Quad Control Voltage Processor
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です