227e

System Interface

227e System Interface はいくつかの機能を備えた Buchla 200e シリーズのモジュールです。

メインとなる機能はサウンドの2次元空間配置を可能にする2次元ミキサーで、フロントの A/B 出力とリアの C/D 出力、合計4つの出力が用意されています。補助的な入力の4チャンネル・サブミキサー、マイク・プリアンプ、イコライゼーション、ヘッドフォン出力を搭載し、システムのオーディオ・ミキシングを全て賄う事ができます

4チャンネル2次元ミキサー

4つのメイン入力はマニュアルまたは CV コントロールで2次元空間へ個別に配置できます。CV を入力する事で4チャンネルの空間を自動的に移動させる事ができます。

LED インジケーターは現在のサウンドの位置を表示します。

サブミキサー

メインの4つの入力とは別に独立した4チャンネルのサブミキサーが搭載されています。サブミキサー用の出力を備えていますが、4つのメイン出力に接続する事もできます。

マイク・プリアンプ

モジュールの左下部はマイク・プリアンプです。プリアンプは広範囲の入力レベルに対応しています。LED は出力レベルを示し、オーディオ信号と同時にエンベロープ・フォロワーによる CV も同時に出力します。

マスター・イコライゼーション / レベル

イコライゼーションはフロント・チャンネルとリア・チャンネルに適用できます。必要に応じて高音を補償するスペクトル傾斜機能、フロントとリアを別々に調整できるEQマスターを搭載しています。

モニター機能には各チャンネルの VU メーターと、フロント、リア、またはすべてのチャンネルヘッドフォン・ドライバーが含まれています。

製品名227e System Interface
製品種別Buchla モジュラーシンセサイザー

※こちらの製品は Five G music technology 専売品です。

このモジュールは Buchla 200e シリーズのモジュールで、動作させるためには Buchla モジュール用(4Uサイズ)のケースが必要です。一般的なユーロラック・モジュラーシンセサイザー用のケースには、パネルのサイズと電源の規格が違うためマウントできません。

モジュールのオーディオ信号と CV、ゲート、クロック信号はユーロラックと互換性があり、相互に接続して使用できます。ユーロラックと同様の 3.5mm のジャックの他にバナナ・プラグのジャックも使用しているため、接続するにはユーティリティー・モジュールで変換するか変換ケーブルが必要です