BAE Audio (Brent Averill) Logo

Classic 312A 2ch Mic Preamp/DI+PS
OPEN PRICE
専用電源付属
 
Classic 312A 2ch Mic Preamp/DI+PS
 
Classic 312A 2ch Mic Preamp/DI+PS フロントパネル
Overview

 Neve モジュールのリプロダクションの成功により開発に着手したのがヴィンテージ API-312 モジュールの再生産だ。しかし API-312 の心臓部とも言える 2520 OP アンプを入手することは困難で、修理用のストックは瞬く間に無くなってしまった。 Brent Averill のチーフエンジニアであるアヴェディス氏は、2520 OP アンプを詳細に研究し忠実な復刻品である Avedis 1122 OP アンプを完成させることに成功。これを受けて API-312 マイク・プリアンプのリプロダクションはスタートし順調に生産されることになった。入出力トランスには音質で定評のある Jensen 製を採用するなど、回路を構成するパーツの選別には音の良さを最優先に高品位な製品を採用している。フロントパネルにはエレキギターやシンセサイザーを直接入力できる DI 端子をはじめ、 -10dB の PAD 、位相反転、 +48V ファンタム電源の各スイッチも配置している。スピード感のあるパワフルなサウンドはヴィンテージ API-312 のそれを受け継いでおり、ドラムやオーバードライブしたギター、シャウトするボーカルなどロックサウンドの録音には欠かせないアウトボードである。「 Classic 312A マイクプリアンプには、 2520 をリプロダクションした Avedis 1122 OP アンプを使用している。トランジェント特性が優れている Classic 312A のサウンドは低域から高域までクリアーでパンチがあり、目の前に迫ってくるような迫力がある。バスドラムのローエンドはアタック感をしっかりキープし、非常にタイトですばらしい音質だ。だからドラムやパーカッションとの相性は最高なんだ。多くのレコーディング・エンジニアがドラムキットの録音用に 6 〜 11 台をまとめて買ってくれたよ!」(ブレント・アヴェリル氏のコメント)

■インピーダンスについて・・・BAE の考察

 「 312A の入力インピーダンスは安定しており、幅広い帯域 とレベルにおいて1,400 Ωを維持している。入出力部に高価な Jensen 製トランスを採用した理由の一つは、この安定したインピーダンス特性を得るためだ。もう一つ大事なポイントは、 PAD スイッチを ON にした場合でも 1,400 Ωのインピーダンスに変化が無い事。一部の競合するマイクプリアンプには PAD を入れるとインピーダンスが変化してしまう製品もあるが、それは接続したマイクにとっては負荷が変化することになり、マイクの特性やサウンドに影響を与える恐れがある。また、我々の得た経験ではマイクの出力インピーダンスとプリアンプの入力インピーダンスの関係は 1 : 7 前後の比率が最も好ましい結果が得られている。そのため多くの 200 Ω前後の出力インピーダンスを持つマイク(訳注:Neumann U87Ai や AKG C414/C4000 等)との相性を考えて 312A の入力インピーダンスを 1,400 Ωに設定した。」( Avedis 氏のコメント)


Specifications

■チャンネル数: 2ch  
■入力インピーダンス: 1,400 Ω( Mic ) /250k Ω( DI ) 
■ Gain : +15 〜 +65dB  
■出力インピーダンス:≦ 85 Ω 
■最大出力レベル: +28dBm
■全高調波歪: <0.003% @ +18dBu
■ +48V ファンタム電源
■位相反転スイッチ
■ -10dB PAD スイッチ
■ MIC/INST 切換スイッチ
■外形寸法: 482(W) × 44(H) × 225(D)mm ・ 1U (突起物含まず)


●カタログ・ダウンロード(PDF形式)
BAE Audio
(Brent Averill)総合
PDF Logo ←Download (324.2KB)