BAE Audio (British Audio Engineering Audio)

BAE Audio 1073D

OPEN PRICE

10DCF

Overview

現在に至るまで無数のプロ・オーディオ機がスタジオに現れ、その時代を駆け抜けた音楽と共に消えていった。しかし本当に優れた製品だけはあらゆる音楽を創造し続け、最新のスタジオでもそのインジケーターが消えることはない。 1970年〜1976年頃まで生産された、ルパート・ニーヴの設計による 1073EQ モジュールもそうした数少ない名機の一つである。

ヴィンテージNEVEサウンドの決定版として、世界中の一流ミュージシャンやレコーディング・エンジニアを魅了している BAE Audio (British Audio Engineering Audio) 1073。

BAE Audioはこれまでの数多くのヴィンテージ1073の改造で得たノウハウを全て投入し、遂に待望の新しい1073を完成させることに成功した。オリジナルと同じ Carnhill (St.Ives)製トランスの採用、プリント基板のアートワーク、コンデンサーなどのパーツ、更にはシャーシに至るまで忠実に再現されている。この結果もたらされるサウンドは正にヴィンテージ Neve1073そのものである。

1073Dは、1073の500シリーズ対応モデルだ。

ページトップへ

Feature

NEVE 1073の500シリーズ

1073Dは ClassA の回路を採用している。
+48Vファンタム電源を持つマイクプリアンプ部は特注の Carnhill(St.Ives)製入力トランスでバランス入力に対応、スイスELMA 社の精密22接点ロータリーアッテネーターで-20dB〜+70dBゲインの調整が可能。ライン入力もトランス方式のバランス入力で-10dB〜+20dBのゲインを持つ。

イコライザー部は3バンドのEQとハイパス・フィルターによって構成される。 High(10/12/16kHz)と Low(35/60/110/220Hz)の各バンドは +/-16dB のシェルビング、 Mid(360/700/1.6k/3.2k/4.8k/7.2kHz)は+/-18dBのピーキングを採用。ハイパス・フィルターは、18dB/Oct(50/80/160/300Hz)。これらオリジナル仕様により正にあのオールドNeveサウンド「豊かなサブハーモニックを加えるボトムエンド、非常にタイトな特性のEQは220Hzをブーストしてもサウンドが濁ることはない。トランジェントとピークをわずかに抑えたファットな質感、スムーズで滑らかな高域のシルキーな質感もすばらしい」(ブレント・アヴェリル氏のコメント)がよみがえる。加えてフロントパネルには Hi-Z端子も装備しており、DIとしての使用も可能なのは他の BAE Audio(British Audio Engineering Audio) 製品共通の特徴である。
コンソールのフェーダーに相当する高品質なClarostat製ボリュームノブも装備されているため、レコーダー等に直接接続した場合のレベル調整も容易だ。

ページトップへ

Specifications

1ch Mic Preamp / EQ / DI / 500 Serires

  • ■チャンネル数:1ch
  • ■周波数応答:10Hz-55kHz
  • ■入力インピーダンス:1.2kΩ/300Ω(Mic)、10KΩ(Line)、 150KΩ(DI)
  • ■出力インピーダンス:約35Ω
  • ■ゲイン:0dB〜+70dB
  • ■出力インピーダンス:約35Ω
  • ■最大出力レベル:+27.4dBu(600Ω負荷時)
  • ■3 Band Equaliser
  • ・EQ-High バンド:+/-16dBシェルビング・10/12/16kHz
  • ・EQ-MId バンド:+/-18dBピーキング(Q値は固定)・ 360/700/1.6k/3.2k/4.8k or 7.2kHz
  • ・EQ-Low バンド:+/-16dB シェルビング・35/60/110/220Hz
  • ■ハイパスフィルター:18dB/Oct、50/80/160/300Hz
  • ■+48V ファンタム電源スイッチ
  • ■EQ In/Out スイッチ
  • ■位相反転スイッチ
  • ■電源:+/- 16VDC - 120mA
  • ■外形寸法:約450(W)x525(H)x550(D)mm
  • ■重量:約2.72kg

  • ※本製品の動作は、500シリーズの電源が必要となります
ページトップへ