Analogue Systems_logo

SPAWN Logo
¥128,000
(税別)

生産終了品
SPAWN
SPAWN フロント・パネル
SPAWN リア・パネル
SPAWN ブロック・ダイアグラム
Overview
その上質で音楽的なサウンドで定評のある英Analogue Systems社のRS Integratorシリーズ・モジュラーシンセサイザー。今回登場のSPAWN(スポーン)は、RSシリーズの開発で培ったノウハウをフィードバックし、新しく設計されたセミ・モジュラーシンセだ。幅広いレンジで滑らかに発振する高性能オシレーターが1基にサブオシレーター、ノイズや外部入力をサウンドソースとし、ドライブも可能なVCFとVCAで加工する。エンベロープはリピート機能を搭載したADSRタイプを1基、VC LFOも装備。基本的なシグナルパスは内部で結線済み、加えて豊富に用意された入出力端子で様々なルーティングを構成して追い込んでいくことも可能だ。もちろんMIDI→CVコンバーターも搭載、モジュレーションやベロシティなど、様々なMIDIコントロール情報をCVに変換して取り出すことも容易である。

Specifications
■アナログ・モノフォニック・シンセサイザー
■VCO
  □ワイドレンジの高品位VCO×1
  □ノコギリ波〜パルス波(パルス幅可変)までの連続コントロール
  □オシレーターシンク入力装備
  □ピッチ/波形のCVモジュレーション入力装備
  □サブオシレーター(-1Oct./-2Oct.)装備
  □グライド回路装備
■VCF
  □24db/Oct.のMoogタイプ・トランジスター・ラダータイプのローパスフィルター
  □オーバードライブ可能な入力回路
  □レゾナンス装備、自己発振可能
  □カットオフ周波数のCVモジュレーション入力装備
  □VCFへのオーディオ外部入力装備
■VCA
  □オーバードライブ可能な入力回路
  □リニア(線形)/ログ(対数)2種類のカーブでコントロール可能
■LFO
  □4種類(上昇/下降ノコギリ波、矩形波、三角波)の波形を同時出力
  □周波数はCVでコントロール可能
■ENVELOPE
  □ADSRタイプのエンベロープジェネレーター×1
  □ワンショット/リピート/オートリピートの3種類の動作モード
■MIDI
  □基本経路は本体各セクションと内部接続済み
  □本体本源部と切り離し、独立したMIDI→CVコンバーターとして使用可能
  □ピッチCV(Note No.)/ゲート・トリガー(Note ON/OFF)出力の他にベロシティ、アフタータッチ、モジュレーションホイール、ブレスコントローラー、エクスプレッションの各MIDIコントロール情報をCVに変換、出力可能
  □シングル/マルチトリガー切替可能
  □S(ショート)トリガー出力装備
■その他
  □ノイズジェネレーター装備
■外形寸法/重量
  □482(W)×202(D)×88(H)mm(2U)/4.15kg

●カタログ・ダウンロード(PDF形式)
Analogue Systems総合
PDFDownload (1.2MB)