Acidlab Bassline3

OPEN PRICE

Bassline3 メイン写真
Bassline3 Black Version

Black Version

Overview

Acidlab Bassline3 は、 Roland TB-303 同等の音源回路を採用したアナログベースラインマシンです。Bassline2のサウンドと内蔵シーケンサーはほぼそのままに、パターンごとのスケールプログラミング、シャッフルプログラミング、MIDI音源モードを追加しました。

ライブパフォーマンスに特化したシーケンサーはMIDIスレーブとDIN SYNC(SYNC24)マスター/スレーブによる同期が可能。MIDI対応のシーケンサーやリズムマシン、DIN SYNC(SYNC24)を搭載したビンテージリズムマシンなどと同期しながらリアルタイムにベースラインを奏でます。 ページトップへ

Feature

バージョン3でアップデートされた機能

よりバリエーション豊かなプログラミングが可能に

スケールプログラミング

外部シンクを使用したときのクロックディバイドをおこなう2段階のシーケンスステップレングススイッチが撤廃され、パターンごとにスケールプログラミングができるようになりました

シャッフルプログラミング

8分音符と16分音符でのパターンシャッフル機能が追加されました。シャッフルのかかり具合は3段階で調節することができます。

MIDI音源モード

Bassline3をMIDI音源および簡易的なMIDI to CV/Gateコンバーターとして使用するためのMIDIモードが追加されました。外部MIDIノート情報により演奏し、スライドはノートをレガートで演奏することで、アクセントはベロシティ101以上のMIDIメッセージを送ることでそれぞれコントロールすることができます。

入力されたMIDIノート情報は内蔵音源をコントロールするのと同時にCV/Gate信号に変換され、それぞれリアパネルのCV Out、Gate Outより出力されます。他のCv/Gateインプットを持つシンセサイザーと接続しMIDIコントロールすることができます。

音源部とシーケンサー

TB-303と同等の音源部と
リアルタイム/ステップ入力対応シーケンサー

Bassline3 Enlarge

音源部分はRoland TB-303と同じくVCO x 1、VCF x 1、VCA x 1 のシンプルな構成ですが、内蔵のシーケンサーに用意されたスライドやアクセント機能により表現豊かなベースラインを奏でます。

シーケンスの打ち込みには 16 ステップのグリッド入力方式とリアルタイム入力に対応。また、ライブパフォーマンスでの使用に特化し、シーケンスを停止することなく各モードの切り替えも可能です。 パターンのスタートポイントに当たるステップを変更する「ロール機能」により、完成したパターンから無数のフレーズのバリエーションを構築することができます。 また、外部入力を装備しているためゲート機能付きのアナログフィルターモジュールとしても使用できます。

ページトップへ

Specifications

アナログベースライン

同時発音数

1音

パターン数

最大96 = 8パターン×12パターングループ(1パターン最大16ステップ)

トラック数 (ソング数)

最大12ソング

入出力

  • モノラルマスターオーディオアウト(6.3mm標準フォンジャック)
  • ヘッドフォンアウト(3.5mmステレオミニジャック)
  • フィルターFMイン(3.5mmステレオミニジャック)
  • 発振周波数 : 0.05HZ - 250KHZ

CV/Gateアウト

1V / Oct.、V-Gate(+12V)、Accent(+12V)

MIDI

IN(外部MIDIクロックからの同期とノートトリガーに対応)

DIN SYNC-24

IN/OUT 共用ジャック(切替式)

外形寸法

258(幅)×170(奥行)×43(高さ)mm(突起含まず)

重量

1.1kg

電源

AC14V(ACアダプター付属)

ページトップへ